シンガポールの韓国記者団、相次いで警察沙汰

大統領府の公式発表によるものですが、シンガポールで(米朝首脳会談関連の取材のための)KBSの記者が、北朝鮮側に抑留されました。

それからシンガポール警察に引き渡された、とも。

今回のこと以外にも、撮影禁止区域で撮影をしたなどで、韓国の取材陣が地元警察に拘禁されることが4回も報告されている、とのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

二つの記事から再構成してみますと、韓国大統領府はこう話しています。

「シンガポールは私たちの行政力が及ばない」、

「韓国政府としては最大限の外交的な努力を尽くけど、問題が解決されない場合も多いだろう」、

「特に身体的に問題が発生した場合の回復できない問題なので、非常に注意しなければならない状況だ」

http://v.media.daum.net/v/20180608115731292?rcmd=rn

http://v.media.daum.net/v/20180608111955553

 

韓国取材団関連のこういうニュース、結構ありますね。大統領府のコメントもこれでいいのか、な気がしますが・・

でも、北朝鮮側に抑留されたという記者が、詳しくなにをやった(やらかした?)のかは気になるところです。

韓流ビデオでも見せたのでしょうか。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

+143

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5