韓国地方選挙、与党の圧勝

まだ開票が終わったわけではありませんので、明日の朝には結果が少し変わっているかもしれません。でも、これからシンシアリーは明日の朝までスリープ・モードになりますので、19時40分時点の情報で更新いたします。

今日は、前から本ブログで取り上げてきた地方選挙の日でした。

特に重要なのは17ヶ所の広域自治体(ソウル、大邸、大田、釜山、仁川、光州、蔚山、世宗、京畿道、江原道、忠清北・南道、慶尚北・南道、全羅北・南道、済州道)と、国会議員再・補欠選挙12ヶ所となります。

今の所、前に噂されていた「野党の全滅」ではありませんが、与党の圧勝であることに変わりは無いようです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず広域自治体ですが、「当選が有力視される(当選予想と言います)」の数で、与党14:野党2で、与党の圧勝です。もとから保守支持が強い大邸と慶尚北道で野党(自由韓国党)が優勢である、とのことです。現知事が無所属の済州道では同じ人の当選が有力視されています。

国会議員選挙では、与党10:野党1。同じく、与党の圧勝です。1ヶ所ではまだなんとも言えないとのことです。

http://v.media.daum.net/v/20180613180025033?s=election2018&rcmd=rn

http://v.media.daum.net/v/20180613180026035?s=election2018&rcmd=rn

さすがは、文在寅保有国ですね(意味不明

過激な反日発言で有名だったイ・ジェミョン城南市長が、京畿道知事に当選有力とのことです

 

NEW 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

+123

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5