北朝鮮は朝鮮嫌いで高麗が好き?

翌日の更新が遅くなるかもしれない時、その姿を現すという・・シンシアリーのブログ名物(迷物)、深夜更新です。

一つ前の記事で、引用した部分にはありませんが、北朝鮮が「高麗は大好きだけど朝鮮は認めていない」という内容がありました。

北朝鮮の教科書「朝鮮歴史(北朝鮮の歴史教科書)」に、「朝鮮は封建社会だった」「民衆を苦しめすぎた」という内容の批判が多いというのです。

「お前が言うな」というツッコミはともかく・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

私はこれを「朝鮮を認めていない」と解釈するのは間違いだと思います。なにせ、(北朝鮮を国だとするなら)国名を「朝鮮民主主義人民共和国」としているのに、朝鮮を認めていないはずはありません。また、北朝鮮は金日成氏を「始祖」として北朝鮮建国からの歴史をもっとも大事にしていますが、だからといってそれ以前の歴史を信奉するのは韓国と大差ありません。

ただ、韓国の北朝鮮研究者たちの間では、「北朝鮮は『朝鮮』をかなり悪評している」とする見解は他にもあります。

「認めていない」はさすがに言い過ぎだと思いますが、「悪評」というならわかります。また、高句麗については褒め称える内容が多く、高句麗の人たちが百済を作った、新羅は民族の裏切り者で、南朝鮮は新羅の子孫だ、と教えているとのことでして。

そして、その高句麗を継承したのが高麗だとしながら、高麗についてもとても高く評価している、とのことです。

そういえば、北朝鮮が韓国に提案している連邦制統一(南北の二政府体制で民族国家として統一する案)でも、統一連邦国家の名を「高麗(コリョ)連邦」としています。初めて言い出したのは金日成氏でした。それから、なぜか韓国では「KoreaではなくCoreaだった」「CはJより先に来るから、日帝が韓国名をCoreaからKoreaに変えた」とする主張が出てきました。もちろん、根拠なき主張です。Coreaは、高麗の国名(コリョ)からきた言葉です。

金大中政権だった二〇〇〇年には、高麗を美化した「太祖・王建」というドラマが韓国の国営放送KBSで放送され、大きな人気を得ました。

どうでもいい話ですが、朝鮮嫌いならなぜ国名を朝鮮にしたのか・・は気になるところです。臨時政府が「朝鮮の継承者(朝鮮を受け継ぐ合法政府)」を名乗っていたから、その継承として仕方なく付けたのでしょうか。余談ですが、「大韓民国」は臨時政府の国号(国名)です。

 

 

NEW 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

+113

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5