いい子の基準?

日本チーム勝利!おめでとうございます!コロンビアチームも最後まで熱心に走ってくれました。

 

・・・と、ここからブログ更新です。

この前、韓国の教育界ではずっと左派の人が教育監で、今回の選挙でも左派の人が圧勝した、とお伝えしました

過去エントリーにもありますが、左派の人が14人、右派の人が3人ですが、その右派教育監の一人、大邱のカン・ウンフィ(강은휘)氏に対して、同じ大邸市の高等学生が「カン氏の教育監督当選を取り消してほしい」と大統領府に請願した、とのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

国民日報によると、この学生はカン教育監が朴槿恵政権に友好的だったことを理由に、

「国政壟断(国政の私有化)の朴槿恵政権に同調した人を私たちの教育のリーダーとして認めることはできない」、

「おばあちゃんたちをわずかなお金で売ってしまった(日韓慰安婦合意のこと)政権を支持するような非倫理的な人だ」、

「こんな人が教育監だなんて、私たちに何を学べというのですか」と主張し、カン教育監の当選取り消しを請願しました。

http://v.media.daum.net/v/20180619175854333

いまの韓国の価値観だと、「いい子」になるのでしょうか。こういうのも。

請願には1万数千人位が同意している、とのことです。

 

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

+124

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5