普遍

文在寅氏の最近の政策を見ていると、地方自治体を地方政府として育てるとか、大統領府も地方都市に移転するとか、検察の(警察の)捜査指揮・終結権を無くすとか、

いろいろ・・なんというか、とてもユニークなものが多いです。

今日は、国が決めた内容の携帯料金プランを移動通信会社(日本で言うドコモなど)に強要することにしたそうで・・記事を一つ紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<月2万ウォン(2千円)に音声200分・データ1ギガバイト(GB)を提供する普遍料金制の導入法改正案が閣議を通過した。

科学技術情報通信部は、ユニバーサル料金制の導入の根拠を用意するための電気通信事業法の改正案が閣議で議決され、国会に提出すると、19日、明らかにした・・

・・政府が設計した料金制を2年ごとに通信社が義務的にリリースしないといけなくなり、自由市場経済秩序と国家介入の最小性という憲法に違反するという指摘もある>

http://v.media.daum.net/v/20180619110021490?d=y

いっそのこと、臨時政府を見習って「土地と企業の国有化」とか言い出してくれると、ブログネタが増えますが・・

正義、公平、真正、そして普遍・・いい言葉なのに、なんで韓国で使われるとこうにも恐ろしい意味になるのでしょうか。

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

+104

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5