河野外相「慰安婦合意違反だ。これでは韓国と良い関係は作れなくなる」

昨日お伝えした、韓国外交部長官が「慰安婦問題を国際人権問題と確立するための計画を、今月中に発表する」と話した件。

日本側が「慰安婦合意違反だ」としながら抗議しました。

YTNの記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<河野外相は記者会見で、カン長官が昨日、日本軍慰安婦問題を国際社会の人権問題として位置づけできるように準備していると明らかにしたことと関連し、2015年末日韓合意の精神に反すると言いました。

河野外相はそれとともに、どういうことだと不思議に思っているとしながら、真意を正しく確認すると付け加えました。

河野外相は続き、14日に韓国で文在寅大統領とカン長官に会ったとき、日韓関係を未来志向的に作っていこうと述べていたとし、このようなことが続けば、良好な関係を作ることは難しくなると主張しました・・>

http://v.media.daum.net/v/20180619113301975

 

現時点で外相が公開的に言うには、無難な内容の気がします。

個人的な予想では、今回の韓国の「計画」ですが・・他の国の人たちが慰安婦問題を取り出して日本を非難するよう、韓国が裏で支援するのではないだろうか・・な気もします。表向きには「人権団体を支援しているだけ」としながら。カンギョンファ氏は国連の人権なんとか委員会の人でしたから、人脈はそれなりにあるでしょう。

前にも書きましたが、韓国は慰安婦合意の「新しい合意」などは求めていません。合意(解決)があったことそれ自体がいけないと思っているからです。

あの時、「韓国は新しい合意を要求しないと言った」としながら、肯定的なニュアンスで報道する記事もいくつかありましたが・・とりあえず、もう少し曇った心で見る必要があるでしょう。

詳しくどのような計画で、どのような効果を出すのか。これからも続報として扱っていきます。

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5