元慰安婦、「ドガニ」の作者を告訴

ドガニという映画、覚えておられますか?障害者学校で行われた様々な暴力を描いたもので、韓国社会に大きな衝撃を与えました。いまでも閉鎖された施設などで似たような事件が起きると「ドガニ事件」と分類することもあります。

その原作は小説(実話を元にした)で、作家は女性ですが・・その作家コン・ジヨンさんが、慰安婦から告訴されました。なにがあったのか、簡単に説明してみます。

まったく関係ありませんが、ドガニは「閉鎖された空間」「熱狂する人たち」という意味でよく使う言葉で、もともとは鉄を溶かす大きな器のことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

去年、ある牧師が、肺がんにかかっている慰安婦K氏のために、新しい家を作ってやりました。記事のニュアンスからして、Kの甥、L氏も一緒に暮らしているみたいです。

ですが、その牧師が児童たちを虐待し、しかも政治家たちを相手に、精力を高める違法的な針術を行ってきたことが問題になりました。

小説家コン・ジヨン氏が、この問題の真相を明らかにし、関連者たちを処罰すべきだと主張するようになりました。

そして、コン・ジヨン氏は、例の牧師と親しい関係にあったL氏(慰安婦の甥)のことで、「L氏が、市民たちから寄付金をもらっており、慰安婦K氏を暴行してK氏にはアザがある、高級外国製車に乗っている」と指摘しました。

この件で、L氏と慰安婦K氏が、コン・ジヨン氏を告訴しました。またもや名誉毀損です。

 

パッと読んでみると、いろいろ、ツッコミどころがあります。

去年なら、慰安婦財団からお金もらっていたはずです。

つか、家を作ってもらうなんてウハウハですね。

コン氏が指摘したことは、どちらも「それは違う」とすぐ証明できるはずですが。アザは病院で見てもらえばあるかないかすぐわかるし、寄付金や車だってすぐわかるでしょうに。

なんで告訴した人が「慰安婦KとL氏」なのでしょうか。コン作家は慰安婦に対しては何も言ってませんが。慰安婦K氏は94歳です。

 

牧師は慰安婦に家を作ってやったと、良い人をアピールしたかったのでしょうか。コン・ジヨン氏は、慰安婦が暴行されたと書けばなんとかなると思ったのでしょうか。L氏は、慰安婦と一緒に告訴すればまず勝てると思ったのでしょうか。

韓国社会で「慰安婦」というのは、実に便利な道具であります。同情の余地はありませんが。

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5