韓国裁判所「慰安婦合意したけど、慰安婦たちは日本に賠償請求できる」

事前告知もなしに更新が遅くなりました。申し訳ございません。

さて、慰安婦10人が、慰安婦合意に関して、韓国を相手に損害賠償を請求しました。慰安婦合意の直後だったと記憶しています。

その判決がありました。1審ですし、慰安婦側は控訴するとのことですが、裁判所の判決から、2点、重要な部分が見えてきたので、今日はそれをお伝えします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

記事の流れからして、慰安婦たちが国家(韓国)が損害賠償すべきだと主張した理由は、「これで日本に賠償請求できなくなったから」と「慰安婦合意が違法だから」です。

それについて裁判所は、慰安婦たちの損害賠償請求を棄却し、このように判決しました。

・慰安婦合意は国家間の外交行為(適法なもの)

・慰安婦合意があっても、慰安婦たちは日本に損害賠償を請求できる(被害者個人の日本に対する賠償請求権が消えたわけではない)

http://v.media.daum.net/v/20180615172519600

慰安婦合意に少しでも知識がある人なら、すぐ気づくことでしょう。矛盾しているということに。慰安婦合意が適法なものなら、慰安婦問題は完全で不可逆的に解決となります。それに何の賠償を請求できるというのでしょうか。

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5