世界遺産委員会会議、軍艦島関連で「強制労働」明記の決定文を採択か

聯合ニュースの記事から、部分引用します。

<24日(現地時間)、バーレーンで開幕したユネスコ世界遺産委員会会議で採択される対日本決定文に、3年前に世界遺産に登録された「軍艦島」など、日本の産業施設で行われた朝鮮人などの強制労働の事実が明記されると思われる。

政府当局者は25日、「27日ごろに決まると見られる決定文の前文と本文脚注に、日本政府当局者の2015年の世界遺産委員会の発言を引用する形で強制労働の事実が明記されている」と伝えた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この当局者は「2015年の世界遺産委員会の裁定に明記された日本政府代表の発言が上記内容が含まれており、その発言が正確にどのようなものだったか脚注を介して確認している」と述べた・・>

http://v.media.daum.net/v/20180625114848103?rcmd=rn

 

ユネスコ委員会が明記するのは「日本側の発言」です。それは、あの「forced to work」です。韓国側の報道が本当なら、「強制労働」として認識される恐れがあります。

当時、ブログ(アメブロ版・旧ブログ)で、この言葉を日本側は「自分の意志に反して労働した人たちもいる(徴用に近い意味で国際法違反ではない)」として使い、韓国側は「強制労働(国際法違反)」の意味で受け取ったと、書いたことがあります。2015年7月6日のエントリーからちょっと引用してみます。

 

<・・前にも書きましたが、日本語にすると徴用工も強制労働も同じニュアンスに聞こえますが、違います。韓国が主張するのは、ILO (国際労働機関) の 「Forced Labour Convention (強制労働に関する条約)」でいう「強制労働(forcedまたはenforced labor)」です。

言い換えると、日本が主張する徴用工と韓国が主張する強制労働では、国際法的に意味が全然違います。例の条約ができたのは1930年で、日本が批准したのは1932年。韓国が問題視しているのは1940年を前後してのことです。ずばり、もし日本が「Forced Labor」をやったなら、国際法違反です。だから、韓国は徹底的に「日本が国際条約を破って韓国人に強制労働をさせた。日本の国際犯罪で韓国人が被害者になった」と演出したかったわけですね。

しかし、日本が主張する通りに「徴用工」なら、国際法違反ではありません。例の条約によると、兵役、裁判結果による労務、戦時または災害時の場合は、forced labor(強制労働)の範囲に含まれません。日本の主張通り「徴用工」であるなら、韓国はそういう駄々こねができなくなります。

戦時徴用でも「自分の意志に反する労役」(forced to work)だった可能性はいくらでもあります。というか、いやいや働かされるのが普通かも?ただ、戦時徴用なら、国際法違反ではありません。だから今でも韓国はこう主張しています。
「forced to workと言ったではないか、それは forced laborと同じだ(日本が国際法違反したと認めた)」。日本外務省はこう主張しています。「自分の意志に反してforced to workされた人たちはいたけど、 forced laborじゃない(国際法違反ではない)」>。

ただ、これは7月13日のエントリーからですが、このforced to workが問題になるだろうとは、容易に予想できることでした。だからこう書きました。

<・・とはいえ、この「Forced to work」発言を、韓国が見逃すはずはありません。世界中の人たちに『強制な労働をされた』と宣伝できるからです。世界遺産を訪れる観光客たちが、「Forced laborではない」ということを理解しているのでしょうか。「なに言ってんだ。Forced to workだからForced laborだろう?」で終わりでしょう。困ったものですね。

せめて、「戦時徴用だったので、中には不本意に労役せざるを得ない人たちもいた」程度の内容にして、「戦時徴用」という言葉をはっきりする必要があると思いますが・・・・戦時徴用が何なのかは、知っている人たちも多いですから。>

 

今回の決定文の採択で、良からぬ予想通りの展開になる恐れが強くなりました。日本側の発言をそのまま記録する流れになると、軍艦島を訪れた大勢の人たちは「ああ、日本って強制労働したんだな」と思うことでしょう。ユネスコは「日本側の発言をそのまま使うだけだ」としているでしょうし・・残念なことです。

 

余談ですが、7月10日には、安倍総理自ら「徴用工(朝鮮人強制徴用被害者)には工場で働きたい人もいたかもしれませんが、そうじゃない場合は徴用だ」と前提した後、「慰安婦もすべて自分の意思によるものではなく、複雑な経済状況を含めて、意志に反することもあったと思う」と話しました。

http://v.media.daum.net/v/20150710131607576

 

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ 

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

+113

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5