「KAL爆破の犯人は全斗煥だ」遺族たちがデモ

1987年、北朝鮮のスパイ金賢姫(キム・ヒョンヒ)氏によって爆破された韓国のKAL858機。

いままで「全斗煥による自作劇だ」という指摘はありましたが・・いまさら、遺族たちが全斗煥氏の自宅の前で記者会見を開き、「犯人は全斗煥」「真相を究明すべき」と主張しました。

聯合ニュースにの記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<1987年の大韓航空(KAL)858機爆破事件の犠牲者の家族たちが、「KAL機事件の主犯は金賢姫ではなく、全斗煥元大統領だ」とし事件の真相究明を要求した。KAL858機行方不明者の家族会と事件の真相究明対策本部は27日午前、ソウル全斗煥元大統領の自宅前で記者会見を開き、「嘘は永遠に隠し通すことなどできない。真実は必ず明らかになる」と活動計画を発表した・・>

http://v.media.daum.net/v/20180627135642248?rcmd=rn

 

セウォル号の前例から見て・・これ、「また市民団体が被害者たちを扇動し、被害者たちにエンボリをさせる」パターンじゃないのか?な気がして、ちょっと調べてみました。

こういう場合は「対策本部」というのが、ある団体と関係あるのかどうかを調べると、ある程度は想像がつきます。

ちょこっと調べてみたら・・空軍出身の金某氏がヒットしました。対策本部のリーダーだそうです。

この人のサイトはすでに廃止されているようですが・・リアルでは2005年に「既存の在郷軍人会は冷戦時代の理念に囚われている」としながら、「平和在郷軍人会」という組織を設立し、韓国の在郷軍人会を分裂させた人です。朝鮮半島の平和が~とかの主張をしてきた、とも。

天安艦の時も、セウォル号の時もそうでしたけど、(当時の)政府を非難するのが主な目的であり、真相などどうでもいいのでしょう。いつものこと、いつもの韓国です。

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

+103

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5