旭日旗を禁止できる法律は世界のどこにもない・・韓国内にも無し

平昌のとき、韓国側のソン・ベクユ、オリンピック組織委員会スポークスマンが「観衆の所持品を規制するには、国家保安法に関連したものでなければならない。旭日旗、ナチス旗、韓国民が人共旗(北朝鮮の国旗)など」と話したことがあります。

http://v.sports.media.daum.net/v/20180214072917541

結論から言うと、これは間違いです。国家保安法には旭日旗関連規定などありません。今回もまた、なんでFIFAは旭日旗を制限しないのか!ということで韓国のマスコミが正気を失うほど怒っていますが、実は世界はおろか、韓国内にも旭日旗を制限できる法律などありません。あるとすれば、いつもの「国民感情」だけです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この件、本ブログでは2月に扱ったことがありますが、

「旭日旗など、日帝を象徴するものを禁止する関連法案は、2013年9月発議されたが、19代国会の任期満了で廃棄」されました。

以下、今日のマネートゥデーから部分引用します。

<・・旭日期は、日本の植民地被害を受けた韓国でさえ刑事処罰の対象ではない。関連立法が推進されたが、外交問題などの懸念で、国会の敷居を超えなかった・・

・・FIFAワールドカップの規定に観客が攻撃的または政治的なスローガンを表示することを禁止する一般的な規定だけがある。っと日記の使用のために、別の規定はない。問題は、FIFAワールドカップが旭日旗応援を「政治的スローガン」と見ていないという点だ・・

・・国家別に見ても、旭日旗を法令等で禁止している場合は無い。これはナチスの模様である「ハーケンクロイツ」に対して、ドイツはもちろん、フランスなどの多くの国で禁止しているのと対照される・・>

http://v.media.daum.net/v/20180629085708990?d=y

 

こうして、FIFAや世界中で使用が認められているという分析までできたなら、普通は「韓国が旭日旗の禁止を強制できる根拠は無い」という結論になるものだと思いますが・・・

記事は結論として、こう主張しています。「最大の理由は、日本が旭日旗の使用を禁止しなかったこと」だと。すなわち、記事は「日本が旭日旗を禁止することはもっとも根本的な解決法になる」と主張しているわけです。

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ 

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

+154

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5