外国の韓国人団体、韓国政府からもらうお金関連でいろいろ迷惑

海外にある韓国人コミュニティー(韓人会)が、韓国の政治圏と密接な関係にあると指摘する記事がありました。

記事は「韓人会には政府支援が多い」「韓国の政治家と親しくなるために韓人会の会長になろうとする人が多い」とする趣旨ですが・・

もしそうなら、世界各国、特に米国内で慰安婦がぁーと騒いでいる韓国人たちに、韓国政府が資金を出している可能性も、強く疑わしいものとなります。

中央日報の記事から、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・韓人会はまた、韓国政府から各種支援金を受けることができる道が開かれています。会館を建てたり韓国人同胞のために文化芸術や教育などの分野で公益事業を推進している場合、在外同胞財団を通じて一定の資金の支援を受けることができるのです・・>

http://v.media.daum.net/v/20180704150100917?d=y

 

記事は、このせいで韓人会の会長や幹部による公金横領や告訴合戦も多く、ニューヨークには会は一つなのに会長が二人いる場合もあり、このような見苦しい姿は他国のコミュニティーからは見つけることができないと指摘しています。

また、韓人会の会長の座は、「本国(韓国)政府から表彰がもらえる」「韓国の政治家と人脈が作れる」などで、立身出世の座でもある、としています。

 

証拠があるわけではありませんが・・例えば米国の韓国人コミュニティーがやっている反日活動は、「公益事業」になるのでしょうか。私は、「韓国基準だと、十分そういう認識になる」と思っています。それらが、韓国からの表彰や、政治家との「縁(縁故)」作りになるのなら・・・反日をやればやるほど、評価されるという見方もできるのではないでしょうか。韓国内の市民団体と政治家の癒着について「罪韓論」に書いたばかりですが。同じ構図は、韓人会にも出来ていたわけです。

そして、日本側が抗議しても、韓国政府は「現地の民間団体がやったこと」としています。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

123+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5