謝罪と許し

韓国日報が、「人を許す条件」について記事を書きました。

記事は「上の立場の人の横暴は韓国の伝統だ」という某小説家の言葉(皮肉)を引用しながら、韓国社会では「謝罪するのも、謝罪を受けるのも、許すのも、許されるのも、韓国では本当に見つけるのが難しい」とします。

そして、最後にその謝罪や許しの条件として、こう書いています。

<・・被害者が許す用意ができるまで、続ける謝罪することがその条件だ。光州民主化運動とセウォル号惨事、Metooの犠牲者、加害者には「許しの条件」を適用しましょう。そして被害者が許す準備が整うまで、応援しよう。ホロコースト生存者にドイツがそうしたように。日本軍慰安婦及び強制労働被害生存者たちに日本がそうしないといけないのと同じように>。

http://v.media.daum.net/v/20180705180334199

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

日本がどうとかいうのは一方的な勘違いだから完全に論外とします(日本はもう謝罪したし、そもそも悪いこともしてない)。

この記事、最初の部分は合ってます。韓国社会では、謝罪する・謝罪を受ける、許す・許されることを見つけるのは非常に難しいです。

記者さんはその条件を提示できたと喜んでいるようですが、実は違います。謝罪しても「まだ許す用意ができていない」と、何度も謝罪を要求されてしまうこと。それもまた、韓国社会で謝罪と許しを無くした犯人の一人だからです。

韓国では、謝罪した人は「下」になります。だから、下にされたくないから自分で謝罪することはありません。逆に、他人を下に置きたいから相手を許しません。これもまた、韓国の伝統です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

133+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5