オウム真理教死刑執行のニュースを見て

10時45分頃、ニュースでオウム関連で死刑が執行されたことがわかりました。

TBSでしたが・・出演した方が、露骨に死刑してはいけないとは言わなかったものの、死刑執行に反対するニュアンスの意見を述べました。

それは人それぞれですし、別に死刑制度に反対するならそれはそれでいいと思いますが、本エントリーで取り上げたいのは、その方が「死刑制度は中国と日本、米国の一部の州にしか無い」というのを自分の主張の「説得力」として話していたことです。ニュアンス的に、自由民主主義陣営では日本だけやっているという感じでした。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「人を楽にしてくれる国・日本」にも同じ趣旨の内容を書きましたが、「日本は他の国と異なる」ということを「日本はおかしい」の根拠にする人たちがいます。

日本は歴史が長く、他国に統治されたこともなく、列島という特性上、独自の価値観が育ちました。

明治維新の後、「桜を見て楽しむのは旧習だ」という理由で桜を毀損する流れもあったと聞きますが、「古い」は「悪い」という意味ではありません。

「独自のもの」と「グローバル化されたもの」もまた、良し悪しで分けるべき問題ではありません。

欧米がどうとか~だから日本も~の主張は、「異なる」と「間違っている」を同一視する、まるで韓国社会みたいな判断基準によるものです。

「人を殺していいのは死刑制度だけだ。それ以外で人を殺す行為は絶対に許さない」でいいじゃないでしょうか。

 

余談ですが、クリスチャンたちは、「神は人を殺していい」という信仰を持っています。それも善なる行為です。神が行ったものですから。聖書には神が大勢の人を殺しています。クリスチャンはそれを認めています。悪いこともしていないのに「信仰が続くのかどうか」のテストのために大勢の子供たちを殺された人もいます。神は、悪魔にそれを「許可」しています。

それもまた、死刑制度と似たようなものです。「行われるべくして行われたもの」ですから。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

156+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5