威信

聯合ニュースが、あべーめいじいしんーせんそうーな記事を載せました。

まとめる意欲もあまり沸かないので、最初の部分だけ引用してみます。

<安倍晋三日本総理が、明治維新150年を言及し、日本がアジアの国づくりを支援していると主張した。6日日本経済新聞によると、安倍総理は、この新聞が東京都内のホテルで「アジアの価値観と民主主義」というテーマで開催したシンポジウムで講演し、「明治(維新)150年、日本はアジア諸国の国作り、民主主義の基盤づくりを助けることが可能な状況である」と述べた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

それとともに「今後も信頼を得ることができる国になるように努力を続けたい」と付け加えた。安倍総理は、今年が明治維新150年であることを強調し、国民に愛国心を強調する戦略を展開している。日本が明治維新以後、韓半島を植民地化して帝国主義侵略戦争を起こした過誤は省略し近代化の成果だけを強調するものである。年初の新年の辞でも明治維新を称賛し、「新しい国家」を強調した彼は、国会新年施政演説でも明治維新を活用しながら、日本が「戦争可能な国」に変身することができるように改憲ドライブをかけたりもした。安倍総理はこの日も過去の過ちに対する反省はせず、自国の民主主義について自画自賛した・・>

http://v.media.daum.net/v/20180706114601585

 

安倍総理が「1+1は2です」と話しても、韓国は「1+1は確かに2ではあるが、安倍は悪い」と評する親日派と、「安倍は悪いから1+1は2ではなかったに違いない」と評する中道派に分かれることでしょう。

ただ、この明治維新は、韓国人がかなりコンプレックスを持っている言葉でもあります。1972年から1980年までの韓国の憲法を、「維新憲法」と言います。韓国の7次改憲による憲法の別名です。

これは、日本の明治維新に憧れていた朴正煕氏が付けた別名だと言われています。彼は著書で、「韓民族は国家らしき国家を作ったことが一度も無い」としています。きっと、明治維新がうらやましかったのでしょう。

韓国の歴史は、維新ではなく、虚しい威信だけを追い求めました。HAHAHAうまいジョークだ(自画自賛

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

130+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5