体質が変わった?

韓国にいた時、私は寒いのは平気でも、暑いのは超苦手でした。

私だけでなく家族ほぼ全員(特に男子)がそうで、私が小学生だった頃、韓国ではまだ存在すらあまり知られていなかった「エアコン」が家にあったのも、父が家電好きというのもありますけど、暑さに弱かったからです。ちなみに、あのときの金星(いまのLG)のエアコンは、べらぼうに高かったけど大した効果はありませんでした。

私が生まれてから「寒い」で苦しんだのは、基礎軍事訓練の時だけです。公衆保健医になるとしても、1ヶ月の基礎軍事訓練だけは誰もか受けなければなりません。あれが3月で、山近くでした(宿所も訓練場も全て軍部隊内にあるものを使います)。規則として「暖房は2月まで」だったので、3月だけど夜はかなり寒かったことを記憶しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

でも、それからも寒いのはあまり苦になりませんでした。韓国は(地域にもよりますが)冬になるとマイナス5℃以下は普通ですが、なんのその。適当にコタツ出しておけば、それでOKでした。

なのに・・日本に来てから1年。今年になってハッキリわかりましたが、夏の暑さがあまり苦にならず、冬~春に少しだけ寒いと布団をかぶるようになりました。体重は韓国にいたときより3~4kg増えたのに、どうしたのでしょうか。

体質そのものが変わった気もします。水が変わったからか、食べ物が変わったからか、気候(気温だけでなく)が変わったからか、それとも心が変わったからか。

よくわからないけど、30℃超えなのにエアコンも付けずにいる、2年前だと想像もできない状態のシンシアリーでした。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

129+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5