北「早く終戦宣言してくれ」

昨日、北朝鮮が急に『終戦宣言』を積極的に取り上げました。

北朝鮮の外務省が発表した談話によると、北朝鮮は7月27日(停戦協定締結65周年)に終戦宣言することを積極的に提案したものの、ポンペオ長官及び米国側がなかなか応じなかったとのことです。北朝鮮はそんな米国の態度に強い不満を表しています。

北朝鮮は「終戦宣言ぐらいしてくれたっていいだろうが」というスタンスで、米国は「時期尚早だ」というスタンスのようです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

北朝鮮が狙っているのは、終戦宣言と、次のステップとなる「平和協定」によって、在韓米軍の存在意味を否定することでありましょう。前にも書いたことがありますが、韓国内では「終戦宣言すると米軍は出ていかないといけない」とする主張があります

いつものことですが、やっかいなのは、韓国が「年内に終戦宣言するよ」という主張を続けていることです。板門店宣言でも、そんな内容が含まれています(年内の終戦宣言)。

A、B、Cが共通した協議に関わっているとします。Aが「はやく終戦宣言して!」と言いました。Bは「いい話だけど、どうかな」と言いました。Aが望んでいるからこそ、もっと良い条件を引き出そうとしているのです。

でも、Cが「年末まで終戦宣言やる!私ってば本当に中立的だよね」と喜んでいます。

いま、そんなところです。

http://v.media.daum.net/v/20180708184510513?rcmd=rn

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

122+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5