河野外相「CVIDは安保理決議案である」

日本で開かれた日米韓の長官による共同記者会見で、河野外相が「北朝鮮側が明文化に困っているから完全ん非核化だと言っているだけでその内容はCVIDであり、CVIDこそ国連安保理決議案の内容に合致するものだと話しました。ポンペオ長官も「よく言った。意見に相違が無い」と応じてくれた、とのことです。

ニューシースの記事から、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・河野太郞日本外相は「関連した国連安全保障理事会決議は、北朝鮮の大量破壊兵器、弾道ミサイルなどのCVIDを要求している。それは安保理で規定しているものである。続けて北朝鮮に対して安保理決議の履行を要求するということに、日米韓が一致する。国際社会全体も一致している」と説明した。

「CVIDの代わに『完全な非核化』と話すこともあるが、すべての大量破壊兵器、弾道ミサイルなどを含むことがCVIDだ。CVIDを北朝鮮に要求するということは、何の変化もない」、「私たちの目的は、完全な非核化だ。FFVDは私たちの完全な非核化を緩和して言ってるものではない。北朝鮮はCVIDを明文化するには難しい部分があって、ポンペオ長官が完全非核化の意味を、北朝鮮と続けて共有した」と述べた・・>

http://v.media.daum.net/v/20180708130053222

 

トランプ氏の発言に対する解釈の相違で、「もしかして」「ひょっとして」という形で疑問が提起されていたCVID。

日本の河野外相と米国のポンペオ国務長官が同じ場で「意見に相違が無い」と話したのは、とても意味がある(ある意味、否定的な疑問に対して回答する形になった)と思います。

 

そして、ここからは本題ですが・・

記事には「日米韓」となっていますが、カンギョンファ氏のことは何も書いていません。そういえば、6月中に慰安婦合意の何かの措置を発表するとか言っていた気がするけど・・調べてみても何もでてこないし。

長官の世界では6月が続いているかもしれないし、もう少し待ってみるとします。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

130+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5