「北朝鮮が核実験場閉鎖の取材にお金を要求した」報道したTV朝鮮、法定制裁される

豊渓里(プンゲリ)の核実験場閉鎖の取材に、北朝鮮がお金を要求したと報道した保守系ケーブルテレビ局「TV朝鮮」が、法定制裁である「注意」を受けました。法定制裁を受けた場合、放送通信委員会が毎年行う「評価」で減点されることとなり、最悪の場合、放送できなくなります。

不明確な内容を放送し、視聴者に混乱を与えたからだ、というのが今回の制裁の理由です。

審議に参加した「放送通信審議委員会」の委員6人のうち3人が制裁に賛成(1人反対、2人棄権)したとのことですが、棄権した一人は、「TV朝鮮朝鮮だから問題になっているだけだ」と話しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この「北朝鮮が取材にお金を要求した」件は外国のマスコミでも話題になったことですが・・

<TV朝鮮はこの日の会議に、外信記者たちの録取データ(取材にお金を要求されたとする内容)を持って出てきたけど、この録音は、該当記者の実際の声であることを確認することができないという意見があり、委員たちは聴取しなかった>、ということです。

 

今回の件と関連して考えるべきことは、TV朝鮮が、文在寅政権支持者たちに目の敵にされていたことです。韓国で大人気(?)の大統領府請願に、「TV朝鮮朝鮮の総合編成チャンネルとしての権利を剥奪すべきだ」とする嘆願が、20万人以上の賛成を得たことがあります

http://v.media.daum.net/v/20180709202304137?rcmd=rn

 

読んでみて、「すげぇな」と思いました。こういうのを「民主化の結果」だと主張する韓国って・・・

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

108+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5