文大統領、国防部への捜査を指示

文在寅大統領が、独立した捜査団を作って国防部を捜査するようにと、国防部長官に直接指示しました。

軍、詳しくは「国軍機務司令部」が、まだ朴槿恵大統領だった頃、ろうそくデモの時に戒厳令を検討する案を作成した(もちろん、検討で終わりました)ことがその理由です。

機務司令部は、対スパイ(ほとんどは対北朝鮮)、保安担当の業務を行う軍の部署です。前は「保安司令部」と呼ばれていました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ムン・ジェイン大統領は、ろうそく集会当時、国軍機務司令部が戒厳令検討文書を作成したことと関連し、独立捜査団を構成し、迅速かつ公正に捜査することをソン・ヨウンム国防部長官に指示した・・>

また、機務司令部がセウォル号遺族たちのことを査察した件も、捜査を指示したとのことです。大統領府報道官は、「今回の事件に前・現職国防部の関係者が広く関連している可能性がある」としました。

http://v.media.daum.net/v/20180710105959907?rcmd=rn

 

なにもせずに戒厳令からやったとか、法的プロセスを無視して勝手に戒厳令を出したとか、そんなことがあったなら確かに大きな問題です。しかし、あの状況下で「検討するように」との案を作ったのは、彼らなりの仕事をしただけではないか・・な気がしますが。

それに、セウォル号遺族だけでなく、スパイではないかという疑惑(北朝鮮側と繋がっているかどうか)があるなら、調べるのが普通でしょうに。

とりあえず、今回の件で、国防部でも多く人が「入れ替わる」ことになるでしょう。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

99+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5