もうすぐ完成

原稿を書きながら、いつも重複する部分で悩まされます。巻数が増えると、どうしても重複する内容が出来てしまいまして。重複しないように書くのが一番いいとは思いますが、だからといって「前の本を読んでない人を置いてけぼりにして話を進める」わけにもいきません。

内容なら、たとえ重複しても「自分で書く」から、少しは気が楽です。他の本からの引用部分などは、前にも引用した内容なのに、それをコピペみたいにまた使っていいのかどうか、いつも気になります。あるときは、著者として「罪」に似たものを感じてしまいます。とりあえず、そんな部分は、「相応の必要がある時だけ、1ページを超えないように」と心がけています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

今日書いた「内容」(引用ではなく)の中で、これもまた重複する内容ですが・・こういうのがあります。

 

<敵対勢力は、いつも相手のマスコミと学校を狙います。A国とB国が敵対しているとします。AはBの学校(教員労働組合、教科書執筆基準など)とマスコミに、「Bは悪い」と扇動する策をしかけます。決して「Aは良い」とまでは言いません。そこまですると簡単にバレてしまうからです。B国の中では「Bは悪い」という意見がまるで自己反省、教養のある意見であるように広がることになります。

そのまま時間が流れると、Aは何もしなくても、「敵国」Bの中で、B嫌いの少年少女たちがすくすく育ちます。「使えるバカ(useful idiot:特定思想の扇動に利用されているだけなのに、自分では善良な活動をしていると信じ込んでいる人を意味する言葉)」の量産です。A国からすると、大してお金もかからないし、騒ぎになった時の負担も少ない(相手国の国内問題のように見せかけることが出来る)、まさにコストパフォーマン抜群の戦略です>。

 

韓国の民族主義において、民衆運動勢力の存在はとても重要です。彼らこそ、「国家としての民族」たる軍事政権と、「民族としての国家」たる親北思想で戦い、結果的には勝利した勢力でもありますので。

彼らが韓国の教科書を「占領する」過程を書きながら、どうしても↑の内容が必要になって、

「前にも書いた内容だけど、前に読んでくれた読者さんにも満足してもらえるように」を心がけて書きました。

 

そんなこんなで、もうすぐ完成です。「韓国人による◯韓論」ではなく、別のタイトルの本になりそうです。

できたらまた子供みたいにはしゃぎながら紹介しますので、少しだけお待ち下さい。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

111+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5