(バカスレ)「跪く」

バカスレです。バカな話が出ますので苦手な方はご注意ください。

今回の西日本の大雨に関する韓国側の記事は、本ブログでは扱いませんでした。韓国側の記事にも、日本側の記事を伝える形の記事もありましたが、「紹介するだけで被害者の方々を傷つけてしまう」内容の記事が多く流れていたからです。

昨日辺りから、安倍総理のことで「大雨で国民が死んでいくのに宴を開いていた」「いまさら熱心にするふりをするが日本国民の反応は冷たい」などの記事が多くなっています。

余談ですが、韓国では何か災害があると「とりあえず現場に急行」するのが美徳みたいになっています。それは、現場からすると望ましいことではありません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

聯合ニュースがまさにそのパターンの記事を書いていますが・・ひとつ、面白いくだりがありました。

「ヘリに乗っている写真をSNSに載せたり、批判施設で跪いて『支援します』と話すなど」と安倍総理が「熱心にやるふり」をしている・・という記事ですが、

その中で「跪いて」ってなんのことだ?と思ったら、この写真のことだったようです。

キャプチャーソース:聯合ニュース

http://v.media.daum.net/v/20180711141620966?d=y

 

韓国ではこれは「下のもの」がとる姿勢です。記事は、安倍総理が「跪いて『下』のふりをしてまで民心を気にしているが、効果があまりない」としたかったのでしょうか。ほら、韓国では選挙で負けると政党の全員で土下座するじゃないですか。そういう心理、と。

真面目な態度での聞き方ではありますが、日本ではそういう意味にはならないのでは・・(苦笑

ひょっとして韓国側は、安倍総理が「災害の対応を間違えた」とすると、朴槿恵大統領みたいになると思っているのでしょうか。随分前から本ブログで書いている、「韓国は、安倍総理さえいなくなれば日本国民が韓国に同調すると思っている」という側面とも合致します。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

153+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5