文忠公

昨日、安重根ドラマのことを書いてから、月間朝鮮2016年10月号に乗っている、この内容が気になりました。

<1907年、純宗が即位したとき、実権はすでに伊藤博文のものだった。安重根義士が伊藤博文を射殺したとき、純宗は側近に「伊藤公爵がいたからこそ、韓国(大韓帝国)が存続することができた。今公爵を失ったことで、国運がついに尽きてしまった」と嘆いたという>。

ソースは月間朝鮮2016年10月号

韓国側が絶対に認めない、「伊藤博文は穏健派で、彼が暗殺されたことで韓国が完全に併合される流れが加速した」という主張とも妙に一致するニュアンスとなります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この内容のソースを見つけようとしましたが、結局、詳しい資料は見つかりませんでした。

 

代りにと言ってはなんですが、朝鮮王朝実録・純宗実録3巻(1909年、新暦10月26日の記録)にこんなものがありましたので、紹介します。

二十六日。 皇太子親電奏曰: "伊藤太師, 今日午前九時, 到哈爾賓停車場, 被害於我國人凶手, 聞不勝警怛。 薨報今姑未頒, ‘返柩後公布’云。 自日本皇室派遣侍從武官侍醫, 故臣亦派遣金應善伏計。 自皇室親電, 慰問于日本皇室伏望。 【犯人安重根, 鎭南浦人。 後隆熙四年二月十四日於關東都督府地方法院死刑宣告, 同年三月二十六日執行。】

「伊藤太師が今日の午前9時にハルビン〔哈爾賓〕駅に到着し、我が国の人の凶悪な手によって殺害されたと聞き、驚きが尽くせません。この世を去られたことをまだ報道はしておらず、御遺体が戻ったあとに公布するといいます。日本の皇室で侍從武官と侍医を派遣するため、臣もキム・ウンソン(金應善)を派遣しようとしているところです。皇室で、日本の皇室に直接電報を送って、慰問して下さい。」【犯人安重根はジンナムポ(鎭南浦)の人である。後に隆熙4年(1910年)2月14日に関東都督府地裁で死刑を宣告し、同年3月26日に執行した。】

 

デジタル版ですが、一応ソース↑

「文忠公」は、その後に純宗が伊藤博文総督に与えた「諡」です。

 

我が国の人の凶悪な手とやらが、後に韓国で英雄になって、2019年にテレビドラマになるとは思わなかったでしょうね・・あのときの公職者さんたちも。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

102+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5