「極左」正義党、政党支持率10%で自由韓国党に追いつく

正義党という政党、本ブログで何度か取り上げたことがありますが、ご存知でしょうか。いわゆる、「極左」政党です。

大統領選挙の時、正義党候補(代表)の支持率が10%近くまで上がったことがあります。「末韓論」だったと記憶していますが、私は「文在寅大統領が(大統領という立場上)出来ない、言えないことを正義党がかわりにやってくれるだろう」という趣旨を書いたことがあります。

その正義党が、政党支持率ではじめて10%を記録しました。保守右派である自由韓国党も10%までまさに「没落」し、同率です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

正義党の存在のおかげで、共に民主党や文在寅氏が「中道左派」の立場でいられます。

もっと『左』な政策を望む人たちは、正義党を支持します。前の憲法改定案や南北首脳会談の時もそうでしたが、正義党は重要な案件では民主党と同じ意見を出します。

http://v.media.daum.net/v/20180713112739919

 

ただ、議席数ではまだまだ少ない(6議席)正義党。2020年の国会議員選挙でどこまでできるのか、注目したいところです。

あ、文大統領の支持率は69%まで下がりました。しかし、北朝鮮関連ではまだまだ高い評価を得ている、とのことです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

89+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5