最低賃金引き上げの影響、約500万人に及ぶ・・歴代最大?

何かと話題(?)の、最低賃金関連です。

最低賃金引き上げが、妙な形で「さらなる影響」を予告しています。普通の賃金の引き上げより最低賃金の引き上げだけが急激に進んだことで、いままでは最低賃金をもらう労働者(以下、最低賃金労働者と書きます)じゃなかった人たちも、最低賃金労働者になってしまい、店側は彼らの賃金を引き上げしなければならなくなったからです。

その影響は500万人に及ぶだろう、ということです。

韓国の経済活動人口は2017年基準で2800万人だと言われています(15歳以上、就職しようとしている失業者も経済活動人口に含まれる)。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

いろいろ騒がしかった去年の最低賃金引き上げが、462万人の労働者に影響を与えたそうですが・・今年は初めて500万人を超える(501万人)とか。

http://v.media.daum.net/v/20180716161807172?rcmd=rn

もしこの予想通りなら、去年よりさらに「店側(雇用主側)」は苦労することになる、ということですが・・・さて、どうでしょうね。

全国に、そして全ての業種に一括に適用されるのも理由の一つでしょうけど、さすがに2800万人の500万人に影響が及ぶとは、驚きです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

114+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5