親切を新設

詳しくいつだったかはわかりませんが、韓国では「親切」を社会改革(?)の一つのテーマにしました。

明らかに日本のまね・・日本というか、日本という言葉が持つ良いイメージをまねしたものではないのか、な気もします。

その過程で作られたのが、「無理のある敬語」と「家族呼称」です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

敬語のことは旧ブログでも取り上げたことがありますが・・例えばアフターサービスなどで、店員が客に「あ、PCが故障なさい、とてもご不便でいらっしゃいましょう」と話すことは韓国ではよく耳にします。「敬語」をつけるべきでない部分にまで敬語をつけて、無茶苦茶な韓国語ができあがることは、韓国の店でよくあることです。

「客に対して、家族としての呼び方をしよう」な動きも同じで、さらに上下関係を確実にするというものでした。「私たちはあなたの下です」と。お父様やお姉さまなどの呼び方も、韓国では「相手を『上』とする」表現であります。多くの店で、よく使います。

 

今日の韓国日報がまた、この点を記事にしました。「家族の呼び方を使うのは、礼儀でもなんでもない」「血縁主義に頼ったもの」だというのです。

そして、記事によると、下手に家族の呼び方をして喧嘩になる事例も多く、「気持ち悪い」などと苦情も増えた、とか。そういえば、一部の企業では「顧客様」という呼び方をするようになっていました。

ちなみに、私が一番気持ち悪いと思ったのは某公企業の「愛しています。顧客様」という挨拶でした・・・・

 

現場の労働者たちに無理矢理「親切」を強要したところで、何も変わりません。親切にしないとクビになるから仕方なく親切にする店員たち。彼らは、甲に怒られた乙たちが怒りを晴らす、乙の乙にされてしまった側面もあります。

サムスンがテレビ広告などで長く使っていた「(客は)もう一つの家族」というフレーズも、それを利用したものです。ネットでは「(客はサムスンの)もう一つの家畜」という表現もありましたが・・・

http://v.media.daum.net/v/20180717044349215?d=y

 

結局、韓国社会が見落としていたのは、「親切」は「新設」してなんとかなる問題ではない、という点です。家族の呼び方それ自体が悪いものではありませんが、そこまでして親切をアピールする必要はありません。それが自然と「身についている」ものか、急造されたものか。少し接してみれば、すぐにわかりますから。

誰もが自然と身につけるようにならないと、社会は親切になれません。店員だけが親切にしても、社会は親切になりません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

115+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5