ハズレ

以下、世宗研究所という韓国の大手シンクタンクの、「日本研究センター」長の主張です。簡単にまとめてみます。

・日本からもはや「豊かな者ならではの余裕」は消え、過去の反省はまったく示さない。もう日本に残ったのはナショナリズムだけだ

・それでも協力できるポイントが無いわけではない。日本が安保面で焦っている理由は中国と北朝鮮だ。日本の立場では、中国の浮上によって韓国の戦略的な重要性が高まった。尖閣諸島の領土紛争が進むにつれて、日本は韓国を無視しては、中国と対等な関係を維持できなくなった

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・米国がアジアに復帰したことで、中国が大きくなればなるほど、日本にとっての韓国の戦略的な位置は、ますます重要になる。また、国際関係でも韓国の位相強化とともに、日本が韓国と協力してウィンーウィンできる部分も多くなった

・私たちの対日外交は「過去の問題で衝突する日本」と「戦略的な協力相手として日本」という二面性を適切に調和させながら「バランス外交」を作る必要があるのだ

・日韓基本条約は、韓国では不満が多い。こんなものを放っておいては新しい時代は無理だ。大統領(本文では「政府」)は新しい委員会を作って、両国が過去の問題をどう解決すればいいかを話し合おう

・大統領が東北アジアの平和を作れば、日本の右傾化は自然と収まる

http://v.media.daum.net/v/20130215035753599

 

ここでいう「大統領」は、朴槿恵氏のことです。これ、2013年の「安倍政権の登場と朴槿恵政府の対日政策方向」という本のまとめでもあります。

一応、日本「専門家」の意見でありますが・・・5年過ぎた今になって読んでみると、「うわ、ある意味では(極めて否定的な意味では)凄いな」と思いました。

さらに面白いのは、書いてあることが、「いま」の大統領が主張する対日政策(口で言うだけのものですが)ともほぼ同じに見える点です。

余談ですが、盧泰愚大統領とき(未来志向がどうとか~)からあまり変わっていません。

 

 

可愛い写真が撮れたので、週末にはレナスレでも書いてみます。

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

132+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5