セウォル号、ついに国家賠償判決

セウォル号のことで、管理会社(青海鎮海運)と国家に賠償判決がありました。

<ソウル中央地裁は19日、セウォル号家族協議会運営委員長など遺族が国と清海鎮海運を相手に起こした損害賠償訴訟で、犠牲者1人当たり慰謝料2億ウォンずつ支給するよう判決した。(亡くなった犠牲者の)生みの親たちには各4千万ウォンずつの慰謝料を支払うよう判決した。兄弟姉妹、祖父母などにも各500万ウォン〜2千万ウォンの慰謝料を支払うよう判決した・・>、とのことでして。

http://v.media.daum.net/v/20180719103524511?rcmd=rn

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

さて、興味深いのは・・・これから起こる様々な事故の犠牲者たちにも、同じ待遇が行われるのかという点です。

現政権誕生の大きなきっかけにもなったセウォル号沈没事故。政府から見て相応の「利用価値」が無い件でも、同じく国家賠償が決まるのでしょうか。

 

「被害者は善」、「世の中は善悪で出来ている」、「政権が変われば世の中の価値観全てが変わる」など、韓国社会の歪みを代表する事例として残ることでしょう。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+120

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5