創業と出店

昨日、本ブログでも取り上げたことがありますが、韓国では日韓コンビニ比較が大流行です。

鋭いものからデマまでいろいろと情報が出ていますが、その中で、オーマイニュースは<韓国では「コンビニ創業」と言い、日本では「コンビニ出店」と言います>としながら、こう書いています。

<・・韓国は、ほとんどのコンビニを「創業」する方が賃貸料を負担しますが、日本は違います。自分が土地や建物を保有している場合を除いては、ほとんどの店主が建物を賃貸せず、運営だけします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

本社が賃貸料をすべて負担する代わりに、店舗主はより高価な手数料を支払います。リスクのある高所得ではなく、安定した収入を重視する日本人の特徴を示している面でもあります。

日本には「コンビニ創業」という言葉がありません。コンビニ創業をめぐる両国間の認識の違いを克明に示す事例です。日本は創業の代わりに「出店」という表現を使用します。したがって、「コンビニ社長様」という表現も存在しません。

※韓国では店の主を社長様と呼ぶのが一つの礼儀みたいになっています※

留学生である私の知人は、通っていた日本語学校で「父親がコンビニの社長」と話したら、コンビニ本社の社長の息子だと誤解されたこともあるそうです。日本ではコンビニ店舗開設を自営業者ではなく、本社との雇用関係の一つとして認識します。したがって一般的な会社が従業員の給与を保証するように、コンビニ本社が店舗主の一定水準の所得を確保することは、当然のことだと言えるでしょう・・>

http://v.media.daum.net/v/20180719121200884

 

さて、面白い指摘ではありますが・・

この記事には不思議なところがあります。この後、記事は「韓国コンビニの問題は無分別に店舗数を増やしたからだ」としながら、本社側が責任を取るべきだとするニュアンスを展開しています。

「創業」なら、それはやった人(店主)のほうにもっと責任があるのではないか?な気もしますが。

こうしてみると、今までの「雇用者は悪、被雇用者は善」という考えが、「コンビニ店主は善、コンビニ本社は悪」に変わっただけの気がします。

そういう善悪論を捨てない限り、どれだけ比較しても無駄でしょう。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

124+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5