今度はシンドラー社が韓国政府を提訴・・相次ぐISD

FTAのときから散々指摘されていた問題ですが、ISD(投資家・国家間の訴訟)制度。

今回はエレベーター大手のシンドラー社が、韓国政府を提訴しました。

<外国投資家が投資した国の誤った政策で損失を被った場合、その国の政府を相手に損害賠償を提起することができる制度がISD、韓国語にすると、投資家 - 国家間訴訟制度です。米国のヘッジファンド・エリオットに続いて、今回は、スイスの会社シンドラーが韓国政府を相手にISD手続きに入りました。今年に入ってすでに4回目で、この訴訟で負けたら莫大なお金を国民の税金で支払わないといけません・・>、とのことでして。

http://v.media.daum.net/v/20180720212703656?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

2013~2015年、現代エレベーター(韓国ではかなりの大手です)の経営権を狙っていたシンドラー社は、韓国の金融監督院が現代エレベーターの有償増資を許可したせいで損をした・・とするのが今回の訴訟内容で、3千億ウォン規模だそうです。

ヘッジファンドの「エリオット」は、サムスン物産と第一毛織の合併の過程で韓国政府の不当な措置をしたとし、少なくとも8600億ウォン規模のISDを、メイソン・キャピタルも約1千8百億ウォンのISDを予告した状態だそうです。

記事によると今年4件だそうですが、もう1件は何でしょうね。ロンスター社のISDは今年ではありませんが・・あれもどうなったのか続報がありません。

 

さて、「李明博のせいだ」にして素直に応じるのか、それとも「前の政権がやったことだから知らない」で押し通すのか・・気になる事案です。

余談ですが、日本とEUは、「ISDの代わりに、両国裁判官で構成される投資法院(裁判所)制度の導入を協議している」とのことです(上のソース記事と同URL)。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

116+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5