ウルトラマンなエントリー

今朝、適当にテレビをつけたら「ウルトラマンルーブ」という番組をやっていました。

本にもブログにも何度か書きましたが、シンシアリーの父は家電好きで、ソニーのビデオデッキ(ベータ)を持っていました。当時、日本でTV番組を録画して、それを韓国で売る店がいくつかあって、その中でもロボットアニメや特撮番組は正しく憧れの的でした。「太陽戦隊サンバルカン」「鉄人28号(太陽の使者版)」など、あの時に見たものは、後で日本からの通販でDVDで揃えるなどして、いまでも格別な思い出のある作品です。その中に「ウルトラマンタロウ」もありました。

今朝見たウルトラマンルーブで驚いたのが、ルーブは兄弟でそれぞれ別のウルトラマンに変身しますが、兄のほうがタロウの力を使って変身する設定でした。弟のほうは、私にはよくわからない(多分、新しい方の)ウルトラマンでした。調べてみたら、「ギンガ」という名前だそうです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

見終わって・・「あれ、あの人(ネタバレになりそうでこれだけ)悪役だったの」と思ってからしばらくして・・「なんでタロウなんだろう」とちょっと疑問でした。

 

まだ3話目だそうで、これから様々なウルトラマンたちの力が(ストーリー的にもビジネス的にも)増えていくだろうけど・・・今どきの子供はタロウを知らないのではないか、と思ったからです。前(去年)の番組のウルトラマンのほうが、まだ売れ残ってるかもしれない去年分のおもちゃの売り上げのためにもよかったのでは?

よく考えてみたら、「親と一緒に見る」ことを想定しているのか、な気がしました。私がギンガを知らなかったから調べてみたのと同じく、タロウを知らない子は、一緒にいる親に聞いてみることもあるのではないでしょうか。

そのシチュエーションだけを想定したわけではないでしょうけど、数十年も続いたコンテンツならではのロマン、とも言えます。なんか、とてもステキなことだな、と思いました。

最近、ルパン三世パート5を毎週録画してみています。ルパンみたいに「大人向けアニメとして」成長するパターンもあるけど、ウルトラマンみたいに「親子」向けを狙うパターンもあるのだな・・と。

文化っていいな、と思うステキな土曜日です。ヤック・デカルチャー

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

110+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5