韓国で「万引き家族」は「ある家族」でしかない

「万引き家族」が韓国でも26日に公開されます。

さっそく中央日報が「万引きする家族の内容なんて、世界に向けて日本に恥をかかせるつもりか」とする右翼から攻撃されていた監督の作品!としながら大きく取り上げています。

http://v.entertain.media.daum.net/v/20180722170856632

ですが、本エントリーは、そんな韓国マスコミの「いつもの」書き方なんてどうでもよく、映画を作った監督の思想や哲学、映画の出来、そんなものとはまったく関係ない内容となります。

じゃ、何の話なのかというと、「タイトル」です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

私はこの映画を見ていません。単に、こういうタイプの映画が、苦手です。ただ、おおまかな設定は知っていることもあって、韓国マスコミがこの映画を「反安倍派の監督の作品」という理由で取り上げるたびに、「いいのだろうか。韓国社会とまったく合わない内容のようだが」と思います。

なぜなのかというと、韓国社会では、どのような理由があろうと、「他人」がスリをして生きることは、絶対に許してはいけないことです。袋叩きにすべきです。自分とは絶対に関係のない、ただの知らない家族なのです。もちろん、「ウリ」の人がやったなら、話は逆ですけどね。

登場するのは、映画の背景は、日本人です。韓国の観客たちが、その俳優たちに感情移入(「ウリ」化)できるとはとても思えません。日本社会はダメダメだと、評価下げするための「文化的証拠」にするだけです。

そんな流れになる、なるしかない、その兆しの一つが、タイトルです。

いままで日本映画は、韓国語に訳できないもの(おくりびと、など)を除いては、ほとんどがそのままのタイトルでした。「座頭市」も「ザトイチ」でしたし、バトルロワイヤルもそのままだったし、ラブレターもそのままだったし、鉄道員もそのままでした。

ですが、このタイトルは、「万引き家族」は「소매치기 가족」に直訳できるし、そのまま韓国によくあるタイトルパターン(~~家族)になれるにもかかわらず、タイトルが「ある家族」に変わりました。

ちなみに今作の英語タイトルは「Shoplifters(万引きたち)」です。

もっと「国家の陰謀に巻き込まれて貧しくなった」ような大げさな話なら、韓国でも大いに受けたでしょう。

それに、もう一つ、ソース記事で監督は「家族とは、『血縁』か、『共に行きた時間』なのか」を問いたかったとなっていますが、

韓流ドラマを見たことある方ならご存知でしょうけど、韓国人にとって共に行きた時間など、どうでもいいものです。家族を決めるのは言うまでもなく「血縁」です。

カンヌで大きな賞が取れた作品ですから、そこから興味を持った人は見るでしょう。純粋にこの映画を愛するファンも出来上がることでしょう。でも、この映画が韓国人にとって「名作」になることはありません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

133+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5