韓国総理「ついに北朝鮮にも百姓(人民)の生活をもっと大事にする指導者が現れた」

一時、日本の一部のマスコミが韓国のイ・ナクヨン総理を「知日派」と持ち上げたことがあります。本ブログでは「いやいやいや違います」と書いたりもしましたが・・

そのイ・ナクヨン総理が、「ついに北朝鮮にも百姓(韓国では「民」という意味でよく使います)の生活をもっと大事にする指導者が現れた」と話しました。

北朝鮮でクーデターでも起きたのか?と思ったけど、どうやら金正恩氏のことのようです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

イ・ナクヨン総理はアフリカを訪問中で、ケニアの韓国人同法懇談会で次のように話しました。

<・・アフリカを歴訪中の李洛淵首相は19日(現地時間)、北朝鮮と関連し、 「様々な変化があるだろうが、最も重要だと(私が)考えているのは、百姓の生活をもっとも重要だと考えている指導者が、ついには出現したことである」と評した・・>

http://v.media.daum.net/v/20180721102936808?rcmd=rn

 

民の生活というのは、北朝鮮の労働党が「核開発・経済繁栄の並進政策を、これからは経済に集中する」と決めたことを意識しての発言のようです。

なるほど、これが運・転・者なのでしょうか。

想像もできない目的地に運転していきそうな勢いです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

101+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5