甲神伝説

最近、本ブログでは、韓国社会の「甲乙(上下)」の中で、乙たちの行動がどうもおかしい、という趣旨にエントリーが増えました。

でも、(朴槿恵氏関連の場合もそうですが)それは決して甲たちがまともだという意見でもなければ、甲が良くて乙が悪いという意味でもありません。

今日は、甲の中でもズバヌケでスーパー異常な事例を一つ紹介します。キャプチャー画像はSBS8時ニュースからです。

http://v.media.daum.net/v/20180722210306504?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国、4千人の職員がいるという、記者さん曰く「決して小さくない教育(私教育)関連企業」。社内イベントで、多くの職員たちが会長を迎えています。左の方に座っている人が会長です。これだけでも大げさではありますが、ここまでなら別に本ブログでエントリーするほどでもありませんが・・

急に職員たちが讚頌歌(キリスト教の賛美歌)を歌いだしました。

元々は「・・主のご意思、私には理解できないこともあるけれど・・(主の)愛と御言葉が私を新しくしてくれる・・」という歌詞ですが、

「会長の職員への愛、私には理解できないこともあるけれど・・会長の御言葉が私を新しくしてくれる・・」になっています。

イエスの絵も、会長の顔に塗り替えられています。

 

同じイベントか別のイベントかはわかりませんが、会長を迎える女子職員の方々は、ウェディングドレス姿です↓。画像はありませんが、男子職員たちは会長に忠誠敬礼(兵役の時に上官に使う敬礼)をしていました。

↓また別のイベントには、なぜか袞龍袍(朝鮮時代、王の制服)を来て現れた会長の姿が・・・

 

十数年前からこんなイベントがよくあって、参加しない職員には「昇進したくないのか?」など露骨が圧迫があった、とのことです。

弾劾が必要かもしれませんね、この会社・・

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

134+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5