慰安婦合意10億円、韓国政府が費用を充当・・「日本政府の支援は無かったことにする」

先月、外交部が慰安婦合意の後続措置を発表する!としていましたが、女性家族部が後続措置を発表しました。

慰安婦問題は、国外向けには外交部が、国内向けには女性家族部が担当します。

韓国政府が、いよいよ「10億円」を韓国政府の予算で充当しました。記事本文にもありますが、「日本からの支援は無かったことにする」という意味を持ち、今更な話ではありますが、慰安婦合意の内容そのものを否定することになります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<女性家族部は、日本政府の出捐金10億円を全額充当するための予備費の支出案が24日の閣議を通過したと発表した・・

・・政府は、10億円を韓国政府予算に置き換えて、結果的に被害者が「日本政府の支援」ではなく「韓国政府の支援」を受けるという内容を盛り込んだ慰安婦合意の後続措置を今年1月に発表したている。慰安婦合意に基づいて日本が出した10億円で和解・治癒財団が設立されたが、10億円を日本に返すべきで、財団も解散すべきとの要求が絶えなかった。現在、和解・治癒財団は機能が止まっている・・>

http://v.media.daum.net/v/20180724142848063

 

やっとこの話が出てきましたね。予想通りというかなんというか。

1月の時点では単に「政府が充当する」とだけ言っていて、詳しく何のことか謎でした。確か、日本側からも「10億円関連で、韓国政府が具体的にどうするというのかよくわからない」という意見があった気がします。

いままで韓国政府が公式に示していた「このまま履行するわけにはいかない」から、さらに進んだ内容になると見ていいでしょう。

今回の件は「履行しない」ではなく、「履行されていた部分を白紙に戻す」ことだからです。日本が10億円出したことは合意の履行ですから。

 

本にもブログにも何度も書きましたが、韓国が必要とするのは「新しい合意」ではありません。問題が永遠に解決しないことです。すなわち、韓国にとっては慰安婦問題に合意(解決)そのものがあってはなりません。

とりあえず、韓国政府がこの予算を執行する時点で、韓国の慰安婦合意後続措置はレベルアップします。いままでの「不履行」が、「破棄(破綻)」になるでしょう。8月15日前までは執行して、大統領演説あたりで発表するのではないでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5