韓国の総理、最低賃金問題の解法として「熱いハート」を主張

イ・ナクヨン総理が、最低賃金問題で、「熱い心でなんとかなる」という熱血な主張を展開しました。

一時は、日本側のマスコミから「知日派」と紹介されたイ・ナクヨン総理。熱い展開の日本の少年漫画だけはちゃんと読んでいたのでしょうか。

イ総理は、タンザニアの韓国人同胞懇談会で、最近韓国で最低賃金が大きな問題になっているという話に(タンザニアの同胞懇談会でなんでこの話がでてきたのかも疑問ですが)、こう答えました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「多くのメディアや既成の秩序(原文ママ)が、最低賃金を上げたことについて、真実に関心を持つより、無情で心無く対応していると考えている」

「(最低賃金労働者たちに対して)熱い心を持ったことがあるのかと反省している」

「あなたは、誰かに一度でも熱い人であったことがありますか(何かの詩の一部だそうです)」

http://v.media.daum.net/v/20180722145447598

 

熱いハートでなんとかしましょう、に聞こえなくもないですが・・・

「愛と根性」というか、「正義のための戦い」というか、総理がそれを主張しだしたら、まじで政策も政府も必要ないのでは?な気がします。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

117+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5