反日思想のズレ、韓国は北朝鮮に合わせるのか?

何度か本ブログで取り上げた「南北統一には反日が必要だ」。その小テーマに関連した内容を一つエントリーします。

実は今月、文在寅大統領が31節(31運動記念日)の行事を北朝鮮と共同で行うことについて話しました。実は、四月の南北首脳会談ですでに話し合ったとのこと。

前にも書いたことがありますが、「反日」以外にはこれといって共通する価値観が無いのが南北の現状です。中央日報も31運動を「歴史の共有部分」だとしています。しかし、反日が共通しているといっても、その解釈は南北で少しずつ違います。いわば、ズレがあります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<文在寅大統領が3日、「3・1運動と臨時政府樹立100周年記念事業推進委員会」の発足式で、来年3・1節と臨時政府樹立100周年行事を北朝鮮と共同開催する意向を明らかにしたのは、歴史を南北関係の改善のテコとして活用するという構想だ。

特に文大統領は4月27日の南北首脳会談当時、金正恩北朝鮮国務委員長と3・1運動100周年南北共同記念事業推進を議論したという事実を初めて公開した。大統領府の関係者は、「首脳会談の際、共同イベントの開催計画を別に用意して、金正恩委員長に提案した」とし「金委員長が『北でも3・1節を記念する』と答えながら、共同開催の共感が形成された」と伝えた。彼は「共同開催は、金日成の抗日独立運動を強調している北朝鮮の立場では、抗日独立運動を拡張する意味があるだろう」とも言った。日帝下の独立運動は、南北の歴史の共通分母(同じ点を共有しているという意味)であるので、これを活用して、双方の共感を広げていくというものである・・>

https://news.v.daum.net/v/20180704003849829

 

 

いままで本ブログや私の著書をお読みの方々はご存知でしょう。北朝鮮は、「臨時政府」や「民族5千年の正統性」を「大事なものだ」としているのは韓国と同じですが、韓国ほど「こだわっている」、言い換えればそれらを「正統性(legitimacy)」としているわけではありません。北朝鮮は、あくまで金日成が作った国であることを最優先します。

韓国では建国時期がいつなのか(普通に考えると1948年になりますが、臨時政府樹立日の1919年3月1日を建国時点だとする意見が強くなっています)で言い争いになっていますが、北朝鮮は普通に「1948年建国」としています。彼らからすると、金日成がもっとも偉大で、北朝鮮の「始祖」でもあるから、それより前の部分に拘る理由も無いからです。

 

それに、記事内でも指摘されていますが、北朝鮮は臨時政府の抗日運動は金日成氏のそれに比べると大したことないとしており、金日成神格化のためか、31運動をはじめとする朝鮮半島の抗日運動は金日成氏が主導したものだ(臨時政府なども金日成より格下の組織だった)と教えています。金日成氏が抗日運動をやったのは事実ですが、それは白頭山を中心としたゲリラ戦であり、31運動や朝鮮半島内での抗日デモとは直接的な関係はありません。

※↑この部分、初稿から少し直しました※

 

文在寅大統領は、こんな「ズレ」をどうするのでしょうか。北朝鮮に合わせるのでしょうか。もしそうなら、これは本当に「凄い」ことです。韓国的に。なぜなら、反日は韓国の「正統性」だからです。それを北朝鮮に合わせるわけですから。「朝鮮→併合時代→大韓民国」という本来の歴史を否定し、「朝鮮→臨時政府→大韓民国」とするのが臨時政府史観です。少なくない学者たちが「臨時政府史観は間違っています」と指摘してきました。でも、親日派とされ、潰されました。

そんな韓国が、「朝鮮→金日成→北朝鮮」という北朝鮮の歴史観に合わせる日が来るのでしょうか。まるで、兄に合わせるのを当たり前だと思っている弟のように。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

118+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5