痛いから青春?

最近は「日本で働こうとする青年たち」がニュースになっていますが、実はそれより少し前には、オーストラリアなど移民制度のある国で「住む」ことを望む韓国の青年たちが多くて、そこそこ話題になっていました。

彼らの話を(記事などで)聞いてみると、「その国が好きなのか、それとも韓国が嫌いなだけか」という点が大いに疑問でした。

しかも、移民する理由、移民しての満足点などが、自分または自分の子が、「韓国に比べて適当に生きて行ける」なニュアンスのものばかりでして。大企業に就職しなくても、長時間働かなくても、なんとか生きていけるから、だというのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国には昔から「若いときの苦労は買ってでもやる」という諺がありました。しつけの一環として、美談みたいな何かとして、たまには兵役制度を擁護する際に、よく用いる諺でした。最近は若い世代の苦労が社会問題になっていて、あまり話題にならない諺ですが・・2010年には「痛いから青春」というエッセイも有名でした。

それから「痛いからって青春じゃない」という言葉が流行り、「痛くない青春」を求める動きが本格化し、先に書いた移民の話が盛り上がったわけです。

韓国の社会構造からして、彼らの気持ちが理解できないわけではありません。ただ、彼らが行き先としている国で「努力しなくても生きていける」というのは、ほぼ間違いなくデマ(願望)か、それとも、その国の先人たちが築き上げた福祉制度のおかげでしょう。それを、「痛くない」だけを求めて行ったところで、自分に、周りに、いい結果が残せるのでしょうか。

 

久しぶりに、同じ趣旨の記事を見ました。マネートゥデーの「夢なんか無くても大丈夫・・力を抜いたら楽になった」という記事です。

記事は、あまり大きな夢を見るな。それは自分を苦しめるだけだとしながら、最近の若い世代の理屈を弁護しています。

https://news.v.daum.net/v/20180728161753166?rcmd=rn

 

繰り返しになりますが・・若い世代の苦労は理解できます。しかし、ちょっとだけ疑問なところがあります。もし「大きな夢を見るな」を、「身の程を知れ」と言ったら、彼らはどんな反応を見せるのでしょうか。

ああ、そう思うと、これもまた何度も何度もブログに書いてきた、アレかもしれません。

「もっと私を同情してくれ。でも絶対に私を見下すな」。

韓国人の被害者意識に根付いている、ややこしい抗弁です。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

131+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5