韓国、慰安婦財団(和解・治癒財団)を現場点検・・財団解体が本格化か

マネートゥデーの報道です。10億円を韓国政府の予算で充当した件の続報となります。

「女性家族部は(委員会の報告会で)、文在寅大統領の日韓慰安婦合意の立場決定によって機能停止状態に置かれた和解・治癒財団の現場点検を推進することにした」とういことでして。現場点検も何も、機能そのものが止まっているので、行っても何もないでしょう。

共に民主党の国会議員が、毎月1900万ウォンの人件費が支給されていることを指摘したことで、そう決まったみたいです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

与党議員は「24日、政府が日本政府の出捐金10億円を充当する予備費103億ウォンを編成したが、最終的には国民の税金で人件費を支給していることだ」と話したとのことですが・・

この文章だけではなんとも言えませんが、もしかして、財団の人件費っていままで日本政府の出捐金から支給していたのでしょうか。「いままでは日本政府が出した金で支給していたけど、これからは税金だからさっさとやめるべきだ」としているのでしょうか。

https://news.v.daum.net/v/20180727133035786

 

前に長官が言っていた「後続措置はこれからも続ける」が、このこと・・すなわち財団関連の何かの措置かもしれません。

とはいえ、文在寅政権はいまのところ、10億円を韓国政府の予算で充当しても「10億円を『返還』する」とは言ってないし、財団の機能を停止させたものの「財団を『解体』する」とは言っていません。

さて、どこまでやるのでしょうか。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

114+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5