韓国紙、ダム崩壊の日に「世界最強SK建設だからこそできた・・ラオス水力発電所」

聯合ニュースが大手すぎでパッとしませんが、韓国のニュース通信社「ニュース1(ワン)」もネットではよく目にする情報ソースです。

そのニュース1が、ラオスダム崩壊事故当日に(事故のことを知らずに)「世界最強のSK建設だからこそできたラオス水力発電所」という記事を載せていたことがわかりました。

工期短縮を大々的に褒めていましたが、事故の直後、記事が大幅に修正、工期短縮の部分も何故か消えたとのことです。「メディア今日」というネットメディアの記事、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・ニュース1は23日、SK建設がラオスのダム施工を引き受け、予想よりも工事を早く仕上げたと「工期短縮」したSK建設の能力を褒め称える記事を作成した。しかし、事故が発生した翌日の24日、ニュース1の記事から「工期短縮」は削除された。

23日の記事のタイトルは 「世界最強SK建設だったからこそ可能・・・ラオス水力発電所・世界最高の地下空間工法・・(副題)ドローン新工法で工期短縮」だった。

しかし、1日後、対取りは「時空から運営まで、、SK建設、ラオスに国内初の開発型水力発電・・(副題)最高水準の地下工法・ドローン新工法業界も注目」と変更した。

「こんなにも難しいことを、ウリナラのSK建設が成し遂げた。しかも、工期まで短縮しながら」という文章からも、「しかも、工期まで短縮しながら」という文章は削除された・・>

https://news.v.daum.net/v/20180725125727919

 

世界最強、ですか・・いや、事故から離れて考えても、何がどう世界最強なのでしょう。昔のロボットアニメじゃあるまいし。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

 

150+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5