テコンVをパクった人「テコンVはマジンガーのパクリだからテコンVをパクっても違法じゃない」

韓国の某玩具会社「A」が、ブロック(レゴみたいなもの)おもちゃでテコンVそっくりの商品を販売しました。

ロボットテコンVの著作権を持っている「株式会社ロボットテコンV」は、その会社を著作言侵害で訴えました。

すると、A社は、「テコンVはマジンガーZやグレートマジンガーを剽窃(俗に言う『パクリ』)したものだから、著作権による保護対象ではない」と主張しました。

これだけでも呆れるところですが・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

記事は「事実、ロボットテコンVはマジンガーZを剽窃したものだちいう指摘が絶えなかった」としているし、

裁判所は「テコンVは独立した創作物だ」としながらも、「胸に繋がった形のVがあるロボットはそう無い。マジンガーの胸のV(?)は途中で切れてる」など、理由らしくもない理由をあげています。

・・あの・・そんなもので判断するとグレートマジンガーはどうなるのでしょうか(笑

https://news.v.daum.net/v/20180731110347571?d=y

 

「あれはパクリだ」は、「だからあれをパクってもいい」の理由にはなりません。

ロボットテコンVがマジンガーZの影響を強く受けているのは間違いありません。なにせ、1作目の最後に(胸のVから)放つ必殺のビームの名前が「光子力ビーム」ですから。

もちろん、二人乗り(男女ペアで操縦)、主人公のテコンドーの腕がロボットの強さにそのままトレースされるなど、独自の要素もあります。

 

「パクリだから著作権の保護対象ではない」という主張にも無理がありますし、記事で言う「剽窃と言われている」というのも別に著作保護対象じゃないとする意味じゃないし、胸のVが繋がっているからというのもどうかと・・

著作、いや創作というものに対して、会社もマスコミも裁判部も、なにも考えていない気がします。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

127+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5