北朝鮮、開城工業団地と金剛山観光の再開を要求・・「民族の問題だ。制裁など関係ない」

さて、今日、労働新聞(労働党の機関紙)が、韓国政府に「開城工業団地の再稼働と金剛山観光の再開」を要求しました。

「(韓国の)大統領府の主が変わったのに、何一つ収拾できないでいる」としながら、文在寅大統領に直接要求する形の文章でした。

韓国政府が南北協力(経済など)を北朝鮮制裁の例外にしてほしいと国連に話したのが7月20日です。

南北が同じタイミングで経済協力(制裁の抜け穴になれるもの)を言い出すと事前に約束でもしていたのか、それとも韓国政府が言い出したことをキッカケにして、北朝鮮も同じ趣旨の事案を持ち出したのか。

 

ここから「続きを読む」の後になります)

しかもその書き方が「いかにも」なものでして・・「北南関係の最後の砦だった開城工業団地が閉鎖されたのは、果たして国連制裁のせいなのか」としながら、開城工業団地の閉鎖は朴槿恵政権のせいだとする主張を広げ、

また、「世界的な名山である金剛山は、他の誰よりも民族が景色を享受するためのものなのに、外勢の制裁が何の関係があるというのか」としながら、金剛山観光は南北が「民族」として決めるべき問題だと主張しました。

北朝鮮は、韓国で金剛山が「民族の霊山」となっていること、朴槿恵政権を無条件の悪にしていること、どちらもちゃんと「わかっている」と言えましょう。韓国民の心を「くすぐる」書き方であります。

さて、「運転者」さんは、アクセルを踏むのでしょうか、それともブレーキか?

https://news.v.daum.net/v/20180731112515674

https://news.v.daum.net/v/20180731112424631?rcmd=rn

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

112+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5