忍耐を知らない韓国人の被害者意識

これは2016年6月4日の、朝鮮日報の記事からの部分引用です。

記事は、韓国社会は「一等国民(富裕層、いわゆる『甲』)」と「二等国民(いわゆる『乙』)」に分かれているとしながら、次のように書いています。

・2等国民が(不遇な事故などで)死亡することがあると、すぐに「罪のない被害者」となる。一夜にして「罪もなく哀れな立場の人だけがやられてしまう」という雰囲気が作られる。

・政治家たちは、現場を訪れて感傷的なコメントで雰囲気を盛り上げる。合理的に良し・悪しを分け、再発防止のために必要な対策を立てることは後回しとなる。ただ哀悼し悲しい表情をしていなければならない

・韓国人は、生まれつきの国民性が哀悼と悲しみを愛するのだろうか。韓国人にとって死は常に悔しいだけのものなのか

韓国人特有の被害者意識は、忍耐を知らない。感情を制御できず、2等国民たちの戦闘意欲はさらに拡散する

https://news.v.daum.net/v/20160604032203791

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

国民を「一等、二等」と分けて書くのはあまり同意できないものの、事実、社会がそうなっているのは否定できません。

この「1と2しか無い構造」のせいで、韓国人の「敵意」は一点集中となります。

本ブログで書いてきた韓国人の民族情緒、「恨(ハン)」とも通じる内容です。「恨」は、「自分の正当なる権利を、不当な手段を使った誰かに奪われた」とする心理です。すなわち、自分の不遇な現状は「誰かのせい」であり、決して自分のせいではありません。自分が被害者として存在するためには、誰かを加害者にする必要があるのです。それは死んでも変わりません。前に、お墓の話をしながらちょっとだけ書きましたが、韓国人にとって、死はただ悔しいだけのものです。「死ぬ前に真実を語る」現象も、韓国人にはなかなか見当たりません。

 

1と2しか無いから、2の問題は1のせいなのです。恨のエネルギーが、一点集中となります。それを「2の戦闘意欲」と書いたのは、露骨すぎるけどなかなか的確なものだな、と思いました。

最近・・でもないかな、約10年前からだと思いますが、韓国のネットでよく見られる風潮ですが、韓国人は、「自己反省」を「自己卑下」としか見ていません。自己反省は自分の非を認めることであるため、その結果でもっとも得をするのは、加害者だというのです。悪いのは加害者なのに、被害者である自分が反省をしてしまうと、その分、加害者の罪が軽くなってしまう。加害者が免罪符を得てしまう、そういう理屈です。

ちょっと書き換えますと、韓国人の被害者意識は、「忍耐を知らない」のではなく、「忍耐してはいけない」のです。そんなことをすると、加害者が笑います。正義(?)が泣きます。

この考え方が、「戦闘意欲」をさらに高めているのは、言うまでもないでしょう。

毎日のように「日本は反省せよ」と騒いでいる国の、今日この頃であります。

 

 

「朝鮮半島統一後に日本に起こること」が発売となりました(アマゾン公式発売日は2日です)。私も2日は書店巡りに出かける予定で、ブログの更新も少し遅れることになります。著述家として至福の時間を楽しんできます。

ありがとうございます。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。

別ページになっていますが、Kindle版はこちらです

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

159+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5