大統領府「週休手当を払え!」/店「なんの、必殺アルバ割り!」

「アルバ割り」という見慣れない技(?)が記事になっていたので、エントリーしてみます。

アルバ(알바)とはアルバイトのことで、いわば日本で言う「バイト」と同じ意味です。じゃ、割りってなんでしょうか。

それは、1人に週14時間だけ仕事をさせすことです。大勢のアルバイトを雇って1人に14時間だけ仕事をさせるから「割り」です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「どうしてこうなった!」かというと、週休手当があるからです。

1週間で15時間以上働いた人には、雇用側は「1週間に平均1回以上の有給休暇を与えなければならない」となっています。一般的にはこのお金(有給ですから)を週休手当といいます。小規模な店(5人以下の事業場)でも適用されるようになりました。

だから、14時間だけ働くように人を雇用するわけです。

記事によると、「生活費や授業料が必要なアルバイトたちは、仕方なく週14時間だけ働く条件に応じる」と。記事は彼らのような場合を「超短時間労働者」と分類していますが、その数は約160万人。1年で34万人も増えたとのことです。また、雇用保険の適用外だそうです。

https://news.v.daum.net/v/20180902210002210

 

『最低賃金ショック』に抵抗するために、必殺技『アルバ割り』を身に着けた店主たち。韓国社会の低予算特撮ドラマな展開は、今日も続きます。

 

 

(9月2日に)書店めぐりをしてきました。天気が思わしくなかったのでいつもより早めに帰ってきました。著述家として至福の時間でした。ありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。

別ページになっていますが、Kindle版はこちらです

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

122+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5