韓国紙「堕胎を処罰するのは日本のせいだ」

※本エントリーは、堕胎の是非を問うためのものではないことを、前置きしたいと思います※

堕胎のことで、韓国社会でああだこうだと論争が起きています。韓国は、刑法270条に「同意なしに堕胎できない」など決めています(例外条項ももちろんあります)。これを、政府が「医師の非道徳的な診療」に入れることにしたからです。

処罰は今までと同じ資格停止1ヶ月ですが、堕胎が「非道徳」として明記されたことは、そのまま「処罰されやすくなった」という意味でもあります。許可されていない医薬品などを使うのも「非道徳医療行為」であるため、国家機関としては、堕胎も同じ項目としての処罰が可能になるわけです。医師たちは「現状を知らない政策だ」と強く反発しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

そんな中、オーマイニュースが、「堕胎の罪を持ち込んで母まで罪人にしたのは日本だ。兵士を増やすための帝国主義の発想だ」という記事を載せました。

<・・中絶に対する日本の態度は、1894年の日清戦争後に一層強硬になった。「戦争で勝利するには、人口が多くないといけない」という判断に基づいて、胎児も国民の範囲内に入れようとする意図で、堕胎罪の処罰強化を追求した。これは1907年に刑法での処罰強化につながって1912年以降の朝鮮にまで適用されたものである・・>

https://news.v.daum.net/v/20180903152400922

 

さて、データ的に見ても韓国は堕胎が多いと言われる国ですが・・実は、韓国の堕胎の問題は、「違法施術(堕胎手術が認められる、法に定められた場合は除く)の蔓延」です。

2011年9月のMBCニュースですが・・

「性暴行による妊娠の場合を除いた不法堕胎手術が、集計されたものだけでも一年に34万件に達します。途方もない数字ですが、これも氷山の一角」としながら、

「正常分娩の場合、産婦人科医としては、10時間がかかっても、受けるお金は30万ウォン。しかし堕胎は5分しかかからず、60万ウォン」と報道しています。

しかも、証拠を残さないために、「消された」胎児たちをそのまま下水口に捨てる、とも(ニュースのインタビューにて)。

https://news.v.daum.net/v/20110920214214584

こんな状態で、「誰かのせい」が言えるのでしょうか。

 

 

(9月2日に)書店めぐりをしてきました。天気が思わしくなかったのでいつもより早めに帰ってきました。著述家として至福の時間でした。ありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。

別ページになっていますが、Kindle版はこちらです

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

131+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5