「韓国さん、どこを見ているのですか」

朝鮮日報の東京特派員レポートです。

最近、アベノミクスなど日本で経済関連の話をしていると、「結局は韓国経済の話になる」とのことでして。日本のことより韓国の心配をしたらどうですか、という話になるという意味です。

日本の「国立社会保障・人口問題研究所」のブリーフィングに参加した記者は、日本で生活満足度などが高くなったことで、こう質問しました。

「日本の生活水準の変化について、安倍内閣の経済政策が具体的にどのような影響を及ぼしたのか気になります」。

すると・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・意外な答えが返ってきた。「文在寅政府の最低賃金引き上げ政策が韓国経済にどのような影響を与えるか、注意深く見ています」。

まるで、今(記者が)関心を持たなければならないことは、日本経済の動態ではなく、韓国経済の方ではないのか、という意味のようだった。

私席で日本人とアベノミクスの話を交わすと、ほぼ間違いなく韓国経済の話に帰結される最近の会話パターンが繰り返されたのだ・・>

https://news.v.daum.net/v/20180904031522716

 

思えば、この「韓国の心配をしてください」というのも、日本が韓国(朝鮮半島)に対してずっと抱いてきた感情なのかもしれません。

韓国・・いや朝鮮半島に対して、「あんたたち、いまどこを見ているんだ。そんな時ではないだろう」という感覚。好きとか嫌いとかではなく、どちらかというと、「わけわからない」に近い感覚。そういうのが、ずいぶん前から日本にはあったのではないでしょうか。

「朝鮮がちゃんとした独立国だったなら、果たして日本が朝鮮を併合しただろうか」ということからまず疑問でもあります。

 

もうすぐ、文在寅大統領の指揮下、訪問団が北朝鮮を訪れます。聯合ニュースは、「南北関係改善こそが非核化を牽引できる」とする文大統領の意志を伝えています。

ちょうど「朝鮮半島統一後に日本に起こること」にも書きましたが・・非核化は表向きの理由にすぎません。韓国は「非核化のための南北関係改善」など考えていません。南北関係改善で北朝鮮を守ろうとしているだけです。

これもまた、「あんたたち、どこを見ているのですか」でありましょう。

https://news.v.daum.net/v/20180904190152791

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

(9月2日に)書店めぐりをしてきました。天気が思わしくなかったのでいつもより早めに帰ってきました。著述家として至福の時間でした。ありがとうございます!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

9/8 産経新聞に広告が掲載されます(半5段・新書合同)

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

142+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5