韓国軍「戦犯旗?2008年までは何も言わなかったじゃないですか」

いくつかの韓国マスコミが、「旭日旗を掲げた日本の軍艦が韓国に来る」と騒いでいます。「済州(チェジュ)海軍基地で来月開かれる国際観艦式に、日本の海上自衛隊の軍艦が旭日旗を掲げて参加すると知られ、論議がおきている」、とのことでして。

https://news.v.daum.net/v/20180906174805110

韓国軍はこの問題について、「国民感情のことは知っている」としながらも、「自国の軍艦に自国の海軍旗を使うのは国際慣例ではないか」と、仕方ないから見逃してくれという反応を示しています。

面白いのは、韓国軍の話したことに「前にも同じこと(日本軍艦の参加)があったし~」というのがありまして。ニュアンスからして「前は騒ぎなんか無かったのに何でだよ(涙)」というふうに聞こえます。少し探してみたら、この国際観艦式というのは、1998年韓国軍創設50周年記念で始まり、10年に1回開催しているとのことです。今年のものが3回目となります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、1998年10月13日京郷新聞に、確かにこういう記事がありました。

「国際観艦式が釜山、鎮海、ソウルなどで開かれ(多分、軍艦は港である釜山や鎮海に入港したでしょう)、米国、日本から参加した」、と。

写真はありませんが、日本から軍艦が参加したなら旭日旗もあったでしょう。同じ時期に「旭日旗が~戦犯旗が~」などのニュースは見当たりませんでした。

 

2008年には・・

2008年9月「国際観艦式」検索結果ですが、同じく「旭~戦~」などの騒ぎは見当たりません。

もっと探してみればあるにはあるかもしれませんが、大きな騒ぎにはならなかった、と見ていいでしょう。

 

で、こちらが2018年9月の検索結果です。

旭~旭~旭~戦~戦~戦~・・と、ヒットしまくりです。

少なくとも2008年9月まではこの問題はあまり話題にならなかった、ということでしょう。

 

最後に、2月にもお知らせしましたが、韓国に旭日旗を禁止する法律はありません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

(9月2日に)書店めぐりをしてきました。天気が思わしくなかったのでいつもより早めに帰ってきました。著述家として至福の時間でした。ありがとうございます!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

9/8 産経新聞に広告が掲載されます(半5段・新書合同)

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

140+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5