もう戻れない(ニヤリ

文在寅大統領がインドネシアのマスコミとの書面インタビューで、「戻れなくなるぐらい進むのが目標だ」と話しました。

「文在寅大統領は7日、朝鮮半島の状況と関連して、今年末までに、戻ることができないほどの進歩を出すことが目標だとした」、とのことでして。

https://news.v.daum.net/v/20180907060008832?d=y

朝鮮半島で二度と戦争が起きないようにする、インドネシアの協力に感謝する、そんな内容が続きますが、引用しません。大統領として言うべきことを言った部分にまで文句を言うつもりはありませんので。ただ、「戻れなくしてやる」ってところがどうしても気になります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「朝鮮半島統一後に日本に起こること」でも、メインじゃないけど少しだけ同じ内容がありましたが・・「板門店宣言を国会批准する」というのも同じ流れです(まだ批准はできていません)。

次の政権が「積弊清算」を仕掛けてきても、今の方向性が変わらないようにしておく・・ということでしょう。

 

こうして見ると、やはり韓国の政治家たちも「上と下が入れ替わるだけ」という本ブログの持論を「知っている」のでしょうか。

本人は「年内」としていますが、2020年の国会議員選挙で与党が勝利する流れさえ変わらないなら、多分、次の大統領も左派の人・・例えば朴元淳(ソウル市長)氏あたりになるだろうと私は予想しています。となると8~9年ってところでしょうか。朴元淳氏が文在寅氏の政策を継ぐとすると・・その間に「戻れない」状態にすることは、何があるのでしょうか。

改憲、大規模経済交流、そして自治体(民間)交流・・でしょうか。

 

一つ言えるのは、「戻れなくする」すなわち「取り返しがつかない状態にしてやる」ということを目標だと平気に言うこと自体、おかしいという点です。

映画やアニメなどで、世界征服とかでダメになった悪役キャラを、まともなキャラたちが「まだやり直せるよもうやめて!」と説得するシーンがよくありますが・・すると悪役キャラは決まってこう言います。「今更何を言う!もう戻れないぞ!」。

アニメの見過ぎかもしれませんが、そんな気がしました。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

(9月2日に)書店めぐりをしてきました。天気が思わしくなかったのでいつもより早めに帰ってきました。著述家として至福の時間でした。ありがとうございます!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

9/8 産経新聞に広告が掲載されます(半5段・新書合同)

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

146+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5