観光大国

日本を訪れる外国人観光客が増えるたび、韓国側には「日本の観光事業を見習おう」という記事が目立ちます。

もちろんそれらの記事に、両国の観光地をある程度は回ってみた私からすると、共感できる部分はほとんどありません。

多いのが「韓国も日本のように観光客が地方都市にも訪れるようにしよう」なものですが、韓国はソウルと済州島に外国人観光客の98%が集中しています。そんな現状で「地方都市にも~」と騒いでも、無理があるというか、対策というより願望にすぎません。

ヘラルド経済は「韓国が観光客を増やせば、相応の分の日本への観光客が減る」という、「奪ってこよう」な感じの記事を書いたりもしました。

そんな中、「亜州経済」というところに面白い文章があったので、紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「日本の観光にはディテールがある(細部までよくできている)。政府が元となる絵を提示すると、関連した従事者たちが細かく色を塗る。観光客たちは、小さなもの一つ一つに感動を受けるものだ」

http://www.ajunews.com/view/20180902122616476

おお、それはそうだ。それはたしかにそうだ。「それっぽく」出来たものは韓国にもあるけど、細かいところは全然違う。

失礼ながらこの文章が出てくるまで、そう面白い内容の記事だとは言えなかったので、ここからでもちゃんと読もうとしましたが・・

その後に出てきたのが「だから日本には免税店が多い!」という内容でして。

「秘密でもないし戦隊でもないコレジャナーイ」な感覚です。

 

それは、ま、日本の免税店は評価がいいです。私は免税店というのは一度も利用したことが無いのでよくわかりませんが・・(家電とか、免税店より安い店を知っていたので普通に消費税払いながら買いました)。

でも、韓国が見習うべき日本の「ディテール」は、そんなものではありません。細部を、細かさを、分けてまた分けると、「人」になります。

人こそが、人にもっとも大きな感動を与えることができます。

観光地から少し離れたところに、真の魅力があります。それこそが、その国の本当の姿だったりします。人が暮らしているからです。私のように、その感動から「戻れなくなる」人もいます。

「人を楽にしてくれる国・日本」にも引用しましたが、「韓国人はいろんなことに熱を出すだけで、他人に配慮したりしない」、「日本人はちゃんと一つに集中できる。だから日本人は韓国人と違い、他人に配慮する」という、某韓国人教授の主張とも通じるところがある、そんな気がします。

その感動は、免税店の数とはまったく別の領域でありましょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

(9月2日に)書店めぐりをしてきました。天気が思わしくなかったのでいつもより早めに帰ってきました。著述家として至福の時間でした。ありがとうございます!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

9/8 産経新聞に広告が掲載されます(半5段・新書合同)

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

162+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5