韓国野党「赤ちゃん産めば1億ウォン支援する政策が必要だ」

共に民主党の「最低賃金あげる」政策、いわゆる所得主導成長を非難してきた自由韓国党。

その院内代表(院内総務)であるキム・ソンテ氏が、対抗政策を表明しました。

新生児1人に1億ウォンずつ国が負担する「出産主導政策」です。

適当でうですが「ものすごーく」金がかかりそうな政策ですが、財源はどうするつもりなのでしょうか。中央日報の記事から引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

出産のときに2000万ウォンを「出産奨励金」として支給し、それから20年で8000万ウォンを「出産支援金」で支給する・・という出産政策ですが、面白いのは、その財源です。

保守派の中央日報すらも「これはない」なニュアンスで記事を書いていますが、そこにこういう内容があります。

<・・今年推定される新生児の数、32万人だけで計算してみても、出産奨励金で128兆ウォン、出産支援金268兆8000億ウォンなど、20年間で396兆8000億ウォンが必要である。この財源はどのように調達するというのか。

キム院内代表は「ムン・ジェイン政権が公務員17万4000人を大挙増員するというが、そのせいで今後330兆ウォンがかかる」とし、その予算を出産支援金に回すと主張した・・>

https://news.v.daum.net/v/20180908100051558

 

この「前の政権のお金」でやればいい、「前の政権の政策の分を回せばいい」という話、右も左もなく、前から何度も聞きました。セウォル号の時にはCEO一家の私有財産でなんとかするとかそんな話もありましたが・・

 

所得主導 対 出産主導。どちらが勝っても破綻しそうな気はします。赤ちゃんつながりで某アニメのタイトルを少し変えてみると、「未来のコナイ」とでも言いましょうか。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

(9月2日に)書店めぐりをしてきました。天気が思わしくなかったのでいつもより早めに帰ってきました。著述家として至福の時間でした。ありがとうございます!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

99+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5